ナガオカデンタルクリニック監修

伊豆・静岡県東部 歯の情報局

インプラント・矯正・審美歯科 動画とQ&A総合サイト

診療時間

9:00-12:30/13:30-17:30
休診日:診療カレンダーをご確認ください

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

当院の審美歯科治療

伊東市宇佐美のAさん「歯の詰め物が黒く、つなぎ目が汚い」
下田市のBさん「白い被せ物のフチが黒い」
熱海市のCさん「前歯の被せ物が作り物っぽく茶色く変色してきた」
伊東市伊豆高原のDさん「奥歯が全て銀色です」

歯医者さんにおまかせで、保険の治療範囲内のみで前歯を治療するとこのような結果になります。又、奥歯は銀歯ばかり。これも保険の範囲内で治療をしようとすると、材質の制限がある為、このような結果になります。
歯科治療は日常生活からかけ離れた知識である為、分かりづらく難しいので歯科医師におまかせで治療をされる方が多いと思います。
地方都市では、審美歯科治療を行わず、保険診療のみを行う先生が多い為、虫歯になると被せ物の選択肢を提示せず流れ作業的に保険診療で虫歯治療をする場合が多いと思います。
もっと他の治療法がないのか、虫歯になった歯をもっと天然歯に近づけないのかと考えている方も多いと思われます。審美歯科治療を調べると、雑誌やインターネットを見ても情報が多すぎて、実際はどのようなものなのか、自分にあてはまるのか分かりづらい状況になっています。
この度は、歯科医療の現場の声として、気付いた事を伊東市・下田市・熱海市の皆さんにこのホームページで、お伝えしたいと思います。このホームページが「これから審美歯科治療を考えよう」と云う皆様のお役に立つことが出来れば、これほど嬉しい事はありません。

口元にコンプレックスを持った時

私は、大学卒業後の2年間は、東京都八王子市で患者さんが物凄く多い開業医に勤めました。同期の大学の研修医が一日2人~3人の患者さんの治療をしている頃、私は子供からお年寄りまで幅広く一日30~40人の患者さんの治療をしていました。手先が器用な事もあり、一般歯科で行われている治療、いわゆる保険診療で行える治療は、この期間でマスターする事が出来ました。そんな中、いつも不安に思っている事がありました。前歯の白い詰め物や被せ物が2~3年たつと変色してくるのです。特にタバコを吸う人や、お茶やコーヒーを好んで飲む人は、ヤニや茶シブが、がっつり着いてしまい歯ブラシだけでは、取れなくなってしまうのです。20歳のOLさんが、毎日のティータイムを楽しむだけで、笑うと茶色い歯が見えるようになるのです。保険で作ったプラスチック製の白い詰め物や被せ物を着けた時は、白く輝いていたのに、時間が経つとプラスチックが水と一緒に着色を吸収する為、変色し異臭を放つのです。これは、プラスチック製のタッパウェアーにカレーを入れると変色し、臭いが残るのと一緒の現象が起きているのです。当時私は、ただ単に保険が使えて安いと云う事だけで患者さんの意見を尋ねる事なく、虫歯になったら前歯はプラスチック製の白い詰め物や被せ物を着ける治療をしていました。又、奥歯は保険がきく被せ物は銀色の物しかない為、何も疑う事なく被せていましたしかし笑う時に目立つのです。被せ物は12%金銀パラジウム合金を使用しているのですが、時間が経つと黒く腐食してくるのです。これは、元々ゴールドを使用して治すべき所を、保険制度を広く普及させる為に代わりの物として、安価な合金を使用したと云われています。私は間違った事をしていたのではありません。その時は、全ての人が保険治療を望んでいると思っていたのです。保険で行う一般治療が一通り出来るようになってから、審美治療を勉強する為日本で一番選択眼の厳しい東京都港区で働く事に決め、1999年より、日本の歯科医療を牽引するドクターが多く参加する一年間のレギュラーコースの講習会を受講し、審美歯科とインプラントの勉強をしました。2001年に当院を開業し、2005年に審美歯科のマスターコースを受講しました。この講習会は、御自分で講習会を開いている歯科医師も参加する程、レベルの高いものでした。多くの師に教えを請う機会ができ、また多くの仲間と情報交換を行う事が出来るようになり、私の世界も広くなりました。そして、得た知識と技術がさらに患者さんの生活を豊かにする事が出来るなら、これほど素晴らしいことはないと思うようになりました。

審美歯科とは

審美歯科治療というと皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?被せ物をセラミックの綺麗な被せ物にする。ホワイトニングで天然歯を白くする。プラスチックの劣化で変色した詰め物や前歯の被せ物を天然歯に似せた被せ物に取り換える。確かに正解なのですが広い意味で言えば、歯並びの悪さを歯列矯正で綺麗にする。バネの見える入れ歯をやめてインプラントで白い歯を取り戻す事も、見た目を良くする審美歯科治療になります。審美歯科を行うには広い知識と技術と経験が必要な治療法なのです。単純に銀歯をセラミックに変えるだけではないのです。

歯を再現する際に被せ物や詰め物には多くの素材があります。日本は保険診療が広く浸透されている為、虫歯の治療には小さい時はプラスチックを詰め、大きくなると奥歯は銀歯、前歯は金属の表面にプラスチックを貼り付けた被せ物になります。多くの日本人は何の疑いもなく銀歯が虫歯治療の世界基準だと思っています。先進国の歯科治療はメタルフリーの治療が当たり前で、セラミック治療のCAD/CAMによる被せ物の機械による削りだし化が進んでいます。歯科治療において世界の中で日本は取り残されています。

セラミックが選ばれる理由は天然歯に近い色調と透明感を再現するのに最善の治療だと考えがちですが、歯科医師が薦める理由はむしろ歯を長持ちさせるのに最善の治療だからです。なぜならばプラスチックや銀歯のように経年劣化による変色や黒ずみが無く美しさを持続する。表面がつるつるしているので汚れが付きにくく歯周病になりづらい。プラスチックのような水分や汚れの吸収性が無いので口臭が減る。銀歯にありがちな歯肉の黒ずみが無く金属アレルギーにもなりません。硬すぎる銀歯は歯との接続部分や咬み合う歯を傷めますがセラミックにはありません。歯に異常な力が掛かった時にはセラミック自体が割れる事で土台の歯を守ります。歯を長持ちさせるのに繋がり、体に優しい治療なのです。

審美歯科治療メニュー

白い詰め物・被せ物

審美歯科治療 メリット・デメリット

 メリット

  • 笑顔が似合う口元になる
  • 綺麗な歯になり第一印象が良くなる

 

デメリット

  • 保険外治療になり費用が全額負担の自費治療になる
  • 担当医の技量により綺麗さに差が出る。歯列矯正ができなければ出来ないケースやインプラントができなければ入れ歯になるケースもあるので、どこまできれいさを望むのか考える必要がある

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00-12:30 / 13:30-17:30
休診日:HPで診療日をご確認ください