ナガオカデンタルクリニック監修

三島・沼津 インプラント相談サイト

三島市、沼津市を中心とした静岡県東部、伊豆地方にお住まいの皆様へ

診療時間
9:00-12:30/13:30-17:00
休診日:診療カレンダーをご確認ください

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

安全への取り組み

より安全なインプラント手術を行うため、様々な取り組みの必要性があります。

安心・安全な治療のために

最新のインプラント技術の採用から、治療専用設備の導入や徹底した院内感染対策など、さまざまな取り組みをすることが安心安全なインプラント治療を可能にします。

安心・安全な治療のための取り組み例
  • インプラント手術の際は、安心・安全のために手術に適した環境で行うべきです。院内感染対策を徹底することが手術を成功に導きます。
  • 「歯科用CT」を院内に導入する必要があります。歯科用CTは通常のレントゲンとは異なり、インプラントの土台となるあごの骨の状態を3D画像で立体的に検査できるので、より詳細にお口の状態を確認できます。この画像を元に、専用ソフトを用い手術前のシミュレーションを行い、効率的で体の負担が少なく、リスクのない手術を心がけるべきです。
  • 静脈内鎮静法または筋肉内鎮静法で手術を行うと、痛みをほぼ感じることなく、血圧も安定した状態で、寝ているうちに手術が完了します。静脈内鎮静法の場合は、点滴に抗生物質を入れると、手術後に痛みや腫れが出にくくなり、感染症への懸念も軽減されます。
  • 点滴で、感染予防のために抗生物質、痛みを抑えるために痛み止めを投薬することが望ましいです。点滴ができない場合は飲み薬を服用します。
  • 手術には清潔な手術着を着用し、丁寧に滅菌処理を施した器具のみを使用するべきです。
  • 手術中は、血圧・心電図・血中酸素濃度を生体モニターで測定する必要があります。また、手術に使用する機器類は予備も用意し、万が一に二かあった際も問題なく対応できるようにするべきです。
  • 安全を期して、生体モニタリング機器を導入したうえで手術を行い、心電図や血圧を記録し、安定した状態であるか確認しながら慎重に手術を進めるべきです。
  • 万が一の時のため、AEDを常備するべきです。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00-12:30 / 13:30-17:30
休診日:HPで診療日をご確認ください